2019-11-09★☆☆:語義の洗い直しから02 帚木

(左馬頭)字を書いた場合でも、深い意図などなくて、あちこちの点を書き流しどことなく気分を出している書は、ぱっと見には才気走り雰囲気があるようだけれど、やはりまことの筆法通りに細心の注意を払って書きえた書は、見た目のうまさこそ目につかな ...

2019-10-09★☆☆:語義の洗い直しから02 帚木

(左馬頭)「必ずしもこちらの望みに添うのではないが、ひとたび結んだ夫婦の契りを棄てがたく愛情を注ぎつづける男は誠実を地でゆくものと見え、そうなればこそ 縁を保たれる女性も世間から奥ゆかしく人だと思われるのです。

2019-10-08★☆☆:語義の洗い直しから02 帚木

「どうだか、上流貴族と思う女性の中にさえ予想を越えた女性はめったにいない世の中なのに」と若君はお思いのようである。

2019-10-08★☆☆:語義の洗い直しから02 帚木

(左馬頭)父は年老い何ともぶざまに太りすぎ、男兄弟の顔は憎々しげで、特別な思いを受けて育ったのでもない閨の中で、何ともえらく気位を高くし、気軽にやってみせた諸芸などでも、格式こそないながら才能の片鱗でもうかがわせようものなら、どうして ...

2019-10-08★☆☆:語義の洗い直しから02 帚木,中断型

(頭中将)立ち居も気品も家柄に似つかわしいく上々なのが世のことわり、これなどはそうあるのが当然と思われるから、めずらしいことだと心中驚くにあたらない。

2019-11-06★☆☆:語義の洗い直しから02 帚木

(光源氏)何でも富んでることを基準にすべきみたいだねと冷やかしになるので、あなたらしくもなくもののわからぬおっしゃりようだ、と中将はなじる。

2019-10-07★☆☆:語義の洗い直しから02 帚木

世に名高い遊び人で目から鼻に抜ける論客なので、頭中将は待ってましたと座に取りこみこの品定めを決着させようと議論をたたかわせる。

2019-11-06★☆☆:語義の洗い直しから02 帚木

(頭中将)ただうわべばかりの愛情からさらさらと文字を書きちらし、時節に応じた応答のこつを心得てさっと返書をしたためるぐらいのことは、そこそこできる女も多いように見えますが、そもまことに妻選びの候補として決して漏れるおそれのない女性は先 ...

2019-10-07★☆☆:語義の洗い直しから02 帚木,中断型,分配型

ちらちら拾い読みしながら、よくまあいろいろな手紙があるものですねと言って、当て推量で、あの人の、それともあの方のなどと問ううちに言い当てたのもあり、お門違いな状況までも想定して勘ぐるのも興味こそわいたが、言葉少なにとかくはぐらかしなが ...

2019-10-06★☆☆:語義の洗い直しから02 帚木

実家においてもまた自分の身の回りのしたくをきらびやかにして光君の出入りなさるのにお伴申しては、昼夜となく学問をも遊びをも一緒にしてなかなか遅れを取らず、どのような場所にでも付き従い申しておいでなので、自然と遠慮もおかれず、心中思うこと ...