2019-09-25☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺

源氏の君のお気に召しそうな催し物をし、何くれとなく気を揉みお世話なさるのでした。

2019-09-25☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺

婿つきの女房も娘つきの女房も、平凡でない方々を選りすぐって仕えさせになり、

2019-10-11★☆☆:語義の洗い直しから01 桐壺

五六日宮中にお仕えされて、大臣邸には二三日いるなど絶え絶えのおいでではあるけれど、ただ今は年端もゆかぬからと悪る気なくお取りになって、甲斐甲斐しくお世話申し上げになる。

2019-10-11★☆☆:語義の洗い直しから01 桐壺,04 公的生活/出世・祝賀・行事

管絃の遊びの折り折りには、藤壺の琴と笛の音を合わせ漏れ聞こえるお声を慰めにして、内裏住みばかり好ましくお思いになった。

2019-09-25☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺

元服されてからは帝は昔日のように御簾の内にもお入れにならない。

2019-09-25☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺

左大臣にはお子様方が多くのご夫人との間にいらっしゃった。

2019-09-25☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺

女君は、すこし年嵩でいらっしゃったのに、婿殿がたいそうお若いので不似合いでいたたまれないとお思いでした。

2019-10-11☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺

たいそう幼くいらっしゃるが、不吉なほどにきれいだと大臣はお思いである。

2019-09-25☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺

婿取りの儀礼は世に例がないほど立派にもてなして差し上げになった。

2019-10-11☆☆☆:特別な問題点はない01 桐壺

その夜は帝は源氏の君を左大臣邸へとお出しになる。