2019-11-09★☆☆:語義の洗い直しから02 帚木

(左馬頭)字を書いた場合でも、深い意図などなくて、あちこちの点を書き流しどことなく気分を出している書は、ぱっと見には才気走り雰囲気があるようだけれど、やはりまことの筆法通りに細心の注意を払って書きえた書は、見た目のうまさこそ目につかな ...

2019-11-09★★★:源氏千年の謎に挑む02 帚木, 中断型

(左馬頭)そうではありますが、人目では捉えられない蓬莱の山、荒海の恐ろしい魚の姿、唐の国の猛々しい獣の形、目に見えない鬼神の顔などおどろおどろしくこしらえた絵なんかは、心まかせにひときわ人の目を驚かすねらいであって、実物には似てないに ...

2019-11-06☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木

(左馬頭)あまり野放図に勝手次第ほったらかすのも、気やすくかわいげがあるように見えますが、おのずと軽く思えてしまいましょう。

2019-11-06☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木

(左馬頭)万事何事につけことは穏便に、悋気の種がある時は知ってるますよとほのめかす程度にし、恨み言をいってしかるべき折りにも憎悪でなくちょっと触れるだけですませば、そうした対応に示すにつけ愛情も増すというものです。

2019-11-06★★★:源氏千年の謎に挑む02 帚木, 中断型, 分配型

(左馬頭)「それにまた、ちょっと浮気心を持つ人を恨みかっとなって心が離れるのも、これまた愚かしいことで、たとえ今心がふらふらしていても見初めあった当初の愛情から相手にすまぬと思う気持ちが男にあれば、頼りがいのある夫だと女は思ってもよい ...

2019-09-27☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木, 中断型

(左馬頭)切っても切れぬ前世の縁が深く尼になすすんでに連れ戻せた場合でも、そのまま連れ添い、あんなこともこんな場合も許しあった夫婦仲こそ契り深く情愛こまやかなものですが、自分も妻もどうして心許すことができましょう。

2019-09-27☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木

(左馬頭)なんとまあ悲しいこと、こんなにまでよくもまた思い詰めものですなどと、相知れる人が見舞ったり、ただもうひたすらつらいと、愛情の冷めぬ夫が聞きつけ、涙を落せば、召使や年のいった女房なんかが、旦那さまの御心は情愛に満ちておいででし ...

2019-10-07★★☆:文の構造を捉え直す02 帚木, 反復型

(左馬頭)愛情深い夫を捨ておき、当面浮気など恨めしいことがあるにしても、夫の気持ちを知りもせぬように逃げ隠れて夫をまどわせ、本心を試してやろとしているうちに一、生の後悔を招くことになる、まことに愚かしいことです。

2019-10-07★★☆:文の構造を捉え直す02 帚木, 中断型

(左馬頭)色気たっぷりと妙に恥じらって、恨みを言うべき事態にもひとごとみたいに我慢して外目には素知らぬふうに妻たる役割を演じるが、心ひとつに思いあまる時には、言いようもなく心に沁みる文句や情の濃い歌を詠みおき女のことを偲ばずにおかない ...

2019-10-07☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木, 中断型

(左馬頭)「なるほど差し向かいで暮らす間は、至らぬ点もかわいさに免じ大目にも見れましょうが、離れ離れでは大事なことも人づてになり、時節時節欠かせぬことなんかでも私的であれ公ごとであれ、自分の問題として考えようとせず心遣いが行き届かない ...