2019-10-07☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木, 中断型

(左馬頭)「なるほど差し向かいで暮らす間は、至らぬ点もかわいさに免じ大目にも見れましょうが、離れ離れでは大事なことも人づてになり、時節時節欠かせぬことなんかでも私的であれ公ごとであれ、自分の問題として考えようとせず心遣いが行き届かない ...

2019-10-07☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木

(頭中将)ただもうひたすら子供子供していて従順な人を、あれこれ繕ってしまえばどうして面倒みないことがありましょう、もどかしい点はあっても直す甲斐がある気がするものでしょう。

2019-09-27★★☆:文の構造を捉え直す02 帚木, 中断型, 反復型

(左馬頭)また一方で、実直一点張りに髪を耳に挟みがちにして美しく顔づくることもない主婦が、ひたすら無遠慮な世話焼きばかりをして、朝な夕な出仕の行き帰りにつけても、公私にわたる世人の様子よかれあしかれ耳目にとまった諸事情を、仲のよくない ...

2019-11-06★★★:源氏千年の謎に挑む02 帚木

(左馬頭)様々な事例の中でも特に、いい加減ではすまない高貴な方の世話をする場合には、何かと深く感じ入り過ぎたり、実のないうわべの思いやりをみせたり、風流趣味に偏したりする方面は、なくてもよさそうに思われるものの、

2019-10-08☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木

(左馬頭)なよやかで女らしいと思えば、つい情に引き籠められるので、距離をおけば婀娜めく。これを第一の難と言うべきです。

2019-10-08☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木

(頭中将)器量がわるくなく若々しい年頃で、自分自身では塵ほどの難点もなきよう身を処し、手紙を書く場合にもおっとりした言葉を選び、墨色は心持ち薄く相手に気を持たせたり、また直接会いたいものだと詮ない思いで待たせ、か細い声を何とか聞こうと ...

2019-10-07☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木

とはいえどうでしょう、わたくしも男女の実態をあれこれ見てまいりましたが、想像にあまるほどまったくうらやましい例などありませんな。若君がたの最上のお選びにはましてどのような女性がふさわしくいらっしゃるやら。」

2019-10-09★☆☆:語義の洗い直しから02 帚木

(左馬頭)「必ずしもこちらの望みに添うのではないが、ひとたび結んだ夫婦の契りを棄てがたく愛情を注ぎつづける男は誠実を地でゆくものと見え、そうなればこそ 縁を保たれる女性も世間から奥ゆかしく人だと思われるのです。

2019-10-07★★☆:文の構造を捉え直す02 帚木

(頭中将)こちらがよくても向こうがだめという具合に思いにまかせぬもので、不充分ながらそのままでこと足りる人が少ないのが原因であって、浮ついた気持ちで面白半分に、女の生態を数多く見比げようとの趣味からではないのだけれど、ひたすら生涯の伴 ...

2019-09-27☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木

(左馬頭)狭い家の内の中心となるべき人ひとりについて思い巡らすに、なくては困る大事な点があれこれ多いものです。