2019-11-09★★★:源氏千年の謎に挑む02 帚木

(左馬頭)ささいな技芸でさえこうなのですから、まして人の心のその場次第で思わせぶりな態度ができる見せかけの思いやりは、信頼できるものでないと思うに至りました、

2019-11-09★☆☆:語義の洗い直しから02 帚木

(左馬頭)字を書いた場合でも、深い意図などなくて、あちこちの点を書き流しどことなく気分を出している書は、ぱっと見には才気走り雰囲気があるようだけれど、やはりまことの筆法通りに細心の注意を払って書きえた書は、見た目のうまさこそ目につかな ...

2019-11-09★★★:源氏千年の謎に挑む02 帚木, 中断型

(左馬頭)そうではありますが、人目では捉えられない蓬莱の山、荒海の恐ろしい魚の姿、唐の国の猛々しい獣の形、目に見えない鬼神の顔などおどろおどろしくこしらえた絵なんかは、心まかせにひときわ人の目を驚かすねらいであって、実物には似てないに ...

2019-11-06☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木

(左馬頭)あるいはまた、宮中の絵所には名人がたくさんいますが、主任である墨書きに選ばれる場合でも、序列通り上手い下手の差など少しも見分けがつかないながら、

2019-11-07★★★:源氏千年の謎に挑む02 帚木

(左馬頭)指物師の匠が、様々な物を心にまかせて作り出す場合でも、一回切りの賞玩物でこうだと作り方に決まりがない時には、一見ふざけた印象にもなるものでも、なるほどこんな風にも仕上がるものかと、時々に合わせて趣向を変え、今風の感覚に目移り ...

2019-11-06☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木

(左馬頭)いろいろなことに引き比べてお考えください。

2019-11-06☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木

頭中将はその弁説のゆくえを聞きとげようと、真剣に相手をつとめておられる。

2019-11-06☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木

左馬頭は物定めの博士となってまくし立てている。

2019-11-06☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木

(頭中将)とにもかくにも、気のそまぬ点があろうとゆったりかまえ辛抱するよりほかいい手立てはないでしょうね」と言って、自分の妹君である葵の上はこの結論通りでおられると思うが、光の君は狸寝入りして言葉をお挟みにならないので頭中将はじれった ...

2019-11-06☆☆☆:特別な問題点はない02 帚木

(頭中将)こちらに非がなくて事荒立てないのであれば、無理に性根を叩き直してでも一生添い遂げたいと思うものだが、それはできない相談だ。